いぶきの実 いびき対策 枕

いびき対策に効果的な枕とは?

いびきは寝ている間に本人が気付かない状態で発生しているため、
いびきをかいている本人にはなかなか自覚が持てない迷惑な症状です。

 

 

いびき防止を考える上において、
睡眠の状態に関係するものをチェックしてみるのもよいでしょう。
まずはいびき音が発生するメカニズムをみてみましょう。

 

いびきが発生するメカニズム

 

いびき音が発生する場所は喉の奥にあります。

 

この部分を気道と言います。
喉の奥の上あごと気道がつながるところに軟口蓋(なんこうがい)と呼ばれる
柔らかい粘膜性のヒダがあり食べ物を食べる際に鼻の穴と口がつながっている部分を
遮断する機能を持っています。

 

またその部分を上げたり下げたりすることによって
発生の音程を調節する重要な器官でもあります。

 

このヒダ状の軟口蓋(なんこうがい)と舌の奥の喉につながる部分が
何らかの理由で狭くなり、まるでリード楽器のサックスのように
細かく震えて音を発生するのがいびきです。

 

なぜ喉の奥が狭くなってしまうの?

 

続いて喉の奥が狭くなる理由について考えてみましょう。

 

いびき音は寝ているときに発生します。
特に仰向けに寝ている場合に多く見られるようです。

 

いびき音が発生する場所から考えて、
口から空気を取り入れている場合がいびき音の発生する状態です。

 

さらに軟口蓋と舌の奥が近づいた状態にならないと発生しません。
そこで条件をまとめてみると、「仰向けに寝る」「口呼吸」「喉の奥が狭くなった」
これらの場合がいびき発生の条件となります。

 

喉の奥が狭くなる理由としては次が考えられます。

 

1、 筋力の衰えのせいで舌の奥が喉の奥に下がっている場合
2、 首が曲がって喉の奥を狭くしている場合
3、 肥満のせいで喉の内側に脂肪が付き狭くなっている
4、 過度のアルコールの摂取により筋肉が弛緩して舌の奥が喉の奥に下がっている場合
5、 先天的に軟口蓋(なんこうがい)や扁桃腺が大きく喉を狭くしている場合。

 

これらの状態を睡眠の時に使うもので
何とか防げないかと考えられたのが枕を調節することです。

 

 

睡眠時の枕の位置は丁度いびきの発生する部分に
関係する後頭部から首にかけてとなります。

 

この場合いびきの条件である「仰向け」と「喉の奥が狭くなる」を
枕の形状で防ぐとなると、二つのことが考えられます。

 

1つは仰向けではなく横向きに寝やすい状態を作る枕で。
もう1つは喉の奥が狭くならないように首の角度を保つタイプの枕です

 

実際に販売されている枕では、「YOKONEヨコネ2」、「勝野式横寝枕」があおむけ防止で
その他はどの態勢でも気道を確保できるタイプで、
「クビックス」「天使の寝息」「リビングインピースいびき枕」
「新・良質睡眠 快眠枕」などが販売されています。

 

いびき防止枕は実際に効果もあり人気もありますが、根本的な解決ではなく、
いびき発生に対する対処的な方法ですので並行して体質を改善することも必要となります。

 

体質を改善するなら一緒にいびき対策サプリを併用するとさらなる効果が期待できます。
いびき対策サプリなら「いぶきの実」がおすすめです。

 

いびき防止のための体質改善ならいびき対策サプリ「いぶきの実」

<<<詳細はこちらから>>>

関連ページ

いびき対策枕「YOKONE2」の効果と口コミを紹介!
いびき対策サプリ「いぶきの実」と併用すればさらに効果あり?いびき対策枕「YOKONE2」をご紹介していきます!
いびき対策枕「クビックス」の効果と口コミを紹介!
いびき対策サプリ「いぶきの実」と併用すればさらに効果あり?いびき対策枕「クビックス」をご紹介していきます!
いびき対策枕「天使の寝息」の効果と口コミを紹介!
いびき対策サプリ「いぶきの実」と併用すればさらに効果あり?いびき対策枕「天使の寝息」をご紹介していきます!
いびき対策枕、リビングインピースの「いびき枕」効果と口コミを紹介!
いびき対策サプリ「いぶきの実」と併用すればさらに効果あり?いびき対策枕、リビングインピースの「いびき枕」をご紹介していきます!
いびき対策枕「快眠枕」の効果と口コミをご紹介!
いびき対策サプリ「いぶきの実」と併用すればさらに効果あり?いびき対策枕「快眠枕」をご紹介していきます!